おせち料理の縁担ぎには

正月の料理に欠かせないおせちは、重箱を開ければ色取り取りの食材がぎっしりと詰まり見た目にも楽しめます。おせちの起源は弥生時代とも呼ばれ歴史が非常に深いものです。作物が採れれば神様に感謝をし、お供えを行なったものを節供(せっく)と呼び、お供えした食材で料理をして豊作を願って自然に感謝した料理を節供料理と言います。これが、今の原型となり現在まで続いています。

おせちは重箱に詰められていますが一段ずつ意味があります。一の重は、祝肴として口取りを詰めます。数の子や黒豆、田作り、かまぼこ、伊達巻などです。数の子は、卵が多い事から子宝や子孫繁栄を願う縁起物です。

黒豆は、邪気を追い払い無病息災を願ったものです。かまぼこの赤は魔除けを意味し、白は清浄や神聖を表します。ニの重は、酢の物や焼き物を詰めます。酢の物として紅白のなますは、平和と平安を願うものです。

レンコンは、仏教の仏様がある極楽の池を表し汚れのない植物とされます。また、沢山の穴がある事から将来の見通しが良いという縁担ぎもあります。焼き物の海老は、腰が曲がるまで長生きできます様にと長寿を祈る食べ物です。ぶりは、成長と共に名前が変わる出世魚です。

そして、鯛はめでたいものの象徴です。三の重は、季節の野菜をたっぷりと使った煮物を詰めます。昆布巻きは、不老長寿や子孫繁栄を願うものです。煮しめは、家族が仲良く一緒に結ばれる意味があります。

この様に食材1つ1つにも意味があり縁起が良い料理なのです。おせちのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です